TOP > 畜産
医療機器と新技術で畜産業を支える
言葉を持たず、経済動物という宿命をもった畜産動物たちの健康を守る獣医師を支えるためには、現場で安心して使用できる動物用医療機器が必要です。また、人工授精、胚移植、核移植、クローン技術、雄雌の産み分けなど各種バイオテクノロジー技術は、すでに実用技術として利用され、畜産業の中心的な技術となっています。
私たちは最新の技術情報に常に着目し、培ってきた技術を駆使することで、安全かつ精度の高い機器を開発、製品化して畜産業の現場を支えていきたいと考えています。

製品紹介


新着情報


カタログ印刷



お問い合わせ
詳しい資料やカタログの請求,ご質問など下記までお気軽にお問い合わせください。
*メールでのお問い合わせは返信に時間が掛かる場合があります。お急ぎの方は電話にてお問い合わせください。
*お電話の受付は、平日午前9時から午後5時30分までとなります。
03-3812-2272(動物医療機器部直通)
メールフォーム